御法主日如上人猊下お言葉

平成27年3月21日 講中お目通りの砌  

驚異的な折伏で御命題達成に貢献 これからも他の手本となる精進を

 本日は、妙観講の方々には、御登山まことにおめでとうございます。
宗門はご承知のとおり、平成二十一年の七万五千大総会の後、方向を転換いたしまして、折伏を主にした闘い、つまり、まず始めに本年の日興上人御生誕七百七十年までに全員が折伏に参加して、五十%増の誓願を達成していこうと、このように方針を決めました。
  もちろん、今までも宗門は、当然、折伏はなしてきましたし、それが中心でありましたけれども、今までの闘いというのは、どちらかというと、法華講三万大総会、あるいは六万大結集、あるいは、プレ大会なども行なって、平成二十一年には七万五千の大結集と、いわば大結集を表に出した闘いをしてきたわけであります。
 それは、ただ結集だけでなくして、折伏をして結集しようということであります。ですから、折伏を忘れた結集というわけではありませんでした。

 しかし、平成二十二年からは、折伏そのものを表に出して、メインとして、一結して闘っていこう、というふうに方針を決定したわけであります。
 そして、第一目標といたしましては、本年・平成二十七年の日興上人御生誕七百七十年を期して法華講員五十%増、これを我々は御宝前に誓ったのであります。
  しかるところ、法華講の方々が本当によく頑張っていただきまして誓願を達成することができましたが、主に妙観講の方々が、驚異的な折伏をもって、その宗門のメインとするところの折伏の大戦線に勝利をもたらしてくれました。
 その数字を見ますと、二十二年の当初から本年の誓願の期日までで、約二百五十%、二・五倍の折伏を達成しており、これは他の講中にとっても、皆様方の闘いが大きな参考になると思います。

 とくに、これから宗門が、三十三年の大聖人の御聖誕八百年に向かって八十万体勢を構築する闘いをしていく中で、このように皆様方が本当に折伏を頑張ってくださった、これが一つのお手本になるものと思います。
また、妙観講の方々は、さらに輪をかけて、今度の三十三年の闘いにはもっともっと力を発揮してくださる、ということを聞いております。

 一つひとつが闘いでありますけれども、その闘いの中で勝利をしていくことは非常に大切なことです。
  勝って、そしてまた勝っていく中に、本当の力強い宗門が、法華講が、構築されていくものと思います。
 折伏は勝たなければ意味がない、と私は思います。誓願をいくら立てても、その誓願に叶う我々の闘いがあって、はじめて誓願が達成されるわけでありますから、そこに、勝利するということの大事な意味が存している、と思います。
 とくに昨今のさまざまな国内、または世界の情勢を見ますと、まさに混乱を極めております。この時にやはり、私達が起ち上がって、本当の世界平和を築いていく、そのための大きな希望と思想を持って、闘っていくべきであります。
 幸いに皆様方は、小川只道房のもと、また大草大講頭のもとに、一結して闘っておられます。次の闘いにも、ぜひ勝利をしていただきたいと思います。
  皆様方の今回の闘いに対し、心から厚く御礼申し上げると共に、次の三十三年の闘いに向かって、今まで以上に結果を出して、御法のためにお尽くしいただきたいと、このように思います。 妙観講の皆様方の御健闘を心からお祈りする次第であります。よろしくお願いいたします。